直アド交換のタイミング

出会い系サイトを見ていると「直電」や「直アド」といった言葉がよくでてきますよね。

出会い系サイト初心者では馴染みが薄いかもしれませんが、「直接本人に繋がる携帯電話などの番号」や「直接本人に届くメールアドレス」のことをいいます。

出会い系サイトでは、ほとんどがサイト自体にメールボックスを持っています。

自分自身のアドレスを公開しては、迷惑メールや嫌がらせメールの被害に遭うかもしれませんから、ユーザーはサイト内のメールボックスを介することが普通です。

ですが、出会い系サイトで出会って仲良くなり始めると、メールボックスを介すことも面倒になってきませんか?

お互い興味を持ってるわけですから直接のアドレスでメールのやりとりをしたいですよね。

仲良くなると、「直アド交換しましょう」と教えあう事もあります。

実際会う約束をとりつけたにしても、直接の電話番号はともかく、メールアドレスくらいは知らないと、実際会うときに緊急事態が起こっては、連絡をとれないでは困りますよね。

お互いの信頼があってのことです。

よく掲示板に「直アド交換しよう」とか「即、直アド教えます」なんて書いてあるユーザーもいるようですが、怪しいですよね。

すぐにアドレスを教えるなんて、サクラの可能性が大きいですから気をつけましょう。

出会い系サイトでは、直接のアドレスなどは教えるタイミングは決して早まらず、しっかり相手をチェックしてから、信頼のおける人だと思えてからで、しばらくはメールボックスで様子をみたほうが無難です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ