気をつけたいこと

恋は盲目だなんて昔から言われているように、熱くなるとついつい冷静さを失いがちになります。

そして、勝手に自分だけで盛り上がっては撃沈していくものです。

とくに、出会い系サイトのように相手の見えないシチュエーションでは仕方の無い事かもしれませんね。

客観視できる自分を持つことも、とても必要です。

出会い系サイトでは、実際会うまでにも複数の異性とメールのやりとりをしている可能性がありますよね。

もちろん複数の異性と並行して会うこともあるでしょう。

デートという意味では、通常の段階を経た恋愛においては二股や三股と言われるかもしれません。

ですが出会い系サイトに限っては、こういうこともアリですよね。

出会い系サイトでは、必ずしもメールのやりとりをしている人と恋愛ができるとは限らないものです。

相手もただの「メル友」としてメール交換がしたいだけだったかもしれません。

あるいは、擬似恋愛のようなことだけ楽しみたかったのかもしれません。

女性もやきもち焼きは多いですが、男性の勘違いによる嫉妬ほど醜いものはありません。

自分も自由ですが、相手もどのように出会い系サイトを利用しようと自由なのです。

一方的に自分の想いを執拗に伝えようとしても逆効果です。

勝手に熱をあげて感情的になっても、それこそ撃沈するだけです。

メールでのやりとりは、時には侮辱するようことを平気で言葉にしてしまったり、相手を責めるような言葉を使ったりすることもありがちです。

ネットストーカーの被害もこうした事から始まるそうです。

ネットの向こうの女性にのめり込む事のないよう客観視できる自分を一人だけでも残しておいて下さい。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ