年齢認証

出会い系サイトの規制法が施行されて、年齢認証というシステムができてから、利用者の年齢を確認した上でないとサイトの機能を利用できなくなりました。

出会い系サイトの規制法は18歳未満の少年少女のサイト利用に基づく買春、売春、その他の犯罪から保護することが目的でできた法律です。

改正法では事業者の届け出義務を規定しています。

児童を犯罪から守るということは大人の利用者にも、安心してサイトを利用することができることでもあります。

まだまだ児童買春売春も後をたたないそうですが、巻き込まれたくはないですよね。

出会い系サイトの年齢認証のシステムはサイトによって様々なようですね。

年齢確認の書類を指定のフォームからサイトに送信するのはFAXで、あるいは郵送で、または書類をスキャンしたデータを添付してメールで送るなど方法もいろいろです。

認証書類は運転免許証や健康保険証、パスポート、年金手帳などですが、なんとなく自分の個人情報が他に漏れるのではないかとか、それを悪用されてしまうのではないか、などと不安を抱く人も少なくないですよね。

送り先のサイトの個人情報取り扱いをきちんと確認して、厳重な管理体制の出会い系サイトにしか登録しないくらいの自己防衛も必要です。

安心できるサイトでないと、そこでの出会いもうまくいきません。

年齢認証のシステムも煩わしいですが、このシステムによって安心に利用できるものだと大人としての対応をしたいですよね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ